オルニチン

MENU

妊娠前から肝斑対策がお勧め【2】

しみ対策

◆原因

シミといえば普通は原因が紫外線です。

 

でも、肝斑は紫外線を浴びなかったとしても現れるのです。

 

なので、肝斑は普通のシミとは少し原因が異なるのです。

 

肝斑が現れる原因は女性ホルモンです。

 

女性ホルモンの月経や子宮の動きを調節する働きのあるプロゲステロンは、妊娠すると急激に変化するので、バランスが崩れやすいのです。

 

 

◆治療方法

どんなに気をつけていても、必ず肝斑を予防できることはないのです。

 

もし肝斑ができてしまったら、専門医に相談しましょう。

 

早期治療ができれば、肌に残らないようにできるのです。

 

ちなみにシミができて美白のために紫外線対策をしたとしても、肝斑にまで改善はできません。

 

つまり普通のシミような美白や紫外線対策では、肝斑の解消はできません。

 

 

◆予防法

肝斑を予防するには、ストレスをなくし、体を健康に保つことです。

 

体内のホルモンバランスが妊娠によって崩れることは、完全に抑えることはできません。

 

それにホルモンバランスが崩れるとイライラしたり、精神的にストレスを抱え込むことが多いので、まずストレスを軽減していくことが肝斑の予防に効果があるのです。