アルギニン

MENU

顔だけではなく、体にも黒ずみが…

しみ対策

妊娠したら、シミが目立つようになったという女性がかなりいます。

 

この理由は、

 

妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが増えるためだと言われています。

 

これらのホルモンがメラニン色素を作るメラノサイトという色素細胞を刺激するからだと考えられています。

 

 

妊娠してこれらのホルモンが増えることでメラニン色素も増えます。

 

そうなると色素沈着が起きやすくなって少しの刺激でシミになりやすいのです。

 

同じように妊娠でメラノサイトが活性化すると、メラニン色素沈着が身体に起きることもあります。

 

わきの下や外陰部が黒ずむこともあるようですし、乳房に起きると乳首が黒ずみます。

 

それに正中線と呼ばれるおへそを中心にお腹の真ん中に縦に伸びる1本の線ができてきます。

 

これも色素沈着により現れるものです。

 

これらの黒ずみの原因は、妊娠でホルモンが変化するためなので、確実な予防法はないのが現状です。

 

また、体質による個人差もありますから、まったく気にならない人、正中線のみ、乳首のみ、シミのみなどのように体の一部のみに色素沈着が現れる人もいます。

 

いずれの場合も出産後ホルモン分泌が元に戻ると色素沈着も落ち着いてきます。

 

そうなれば黒ずみも自然に解消していきます。

 

どうしても気になる人は、授乳期間が終わってから美容皮膚科へ相談してみてください。

 

ケアの方法としては、肌が乾燥しやすくなって、表面のバリア機能が弱り起きていると考えられますから、まずはUVケアと保湿をしっかり行ってください。

 

妊娠中だと肌のトラブルが起こっても、薬の服用による治療は基本的できないので、日頃のベーシックケアが大切になるのです。